ノンシリコンって本当にいいの?

ノンシリコンって本当にいいの?

最近、「ノンシリコン」とうたわれているシャンプーなどが人気を呼んでいますが、そもそも、シリコンとは何なのか、ご存知な方は少ないのではないでしょうか?

 

 

 

シリコンとは、数多くあるコーティング剤の中の一つなのだそうです。コーティング剤とは、簡単に想像するなら車に塗るワックスのようなものです。ワックス掛けした車はピカピカ光って汚れも寄せ付けにくくなり、雨が当たってもはじいてくれますよね。

 

 

 

同じように、シャンプーなどに含まれているコーティング剤も髪全体になじませることで、一見、髪を保護してくれるように思えます。

 

 

 

ただ、コーティング剤を大量に使っている商品は、かえって髪自体の呼吸を阻害し、トリートメントなどの成分の吸収を妨げてしまうことにもなるのです。そこで、注目され始めたのがノンシリコンという商品です。

 

 

 

ところが、ノンシリコン=(イコール)コーティング剤が使われていない、ということにはならないようで、本当に何のコーティング剤も入っていない商品を使うと、かえって髪がごわごわ、ぎしぎしになってしまいます。

 

 

 

ですので、ノンシリコンと書かれている商品でも、シリコンの代わりに他のコーティング剤を使用していることが多いのだそうです。

 

ノンシリコンだから髪にいい!と安易に判断せずに、シリコンの代わりにどんなコーティング剤が使われているのか、チェックをしてみてください。また、シリコン入りの商品は髪に良くない、ということはないので、自分の髪に合った商品をゆっくり探していきましょう。