髪の毛のダメージ原因からケア方法を考えてみる

髪の毛のダメージ原因からケア方法を考えてみる

髪の毛がダメージを負ってしまう原因からヘアケアの方法を考えてみましょう。
実は毎日の生活の中にダメージの原因があることは意外に知られていません。
例えば、スタイリングのときに使用するドライヤー。

 

ドライヤーによって髪に熱を与えることにより、髪の毛の表面を保護しているキューティクルが傷んでしまいます。
その結果、枝毛や切れ毛が非常に発生しやすい状態になってしまうのです。
そうはいっても、スタイリングをしないわけにはいきませんよね。

 

日頃のケアを怠らない事によってダメージの進行を遅らせることができるのです。
枝毛や切れ毛がどうしていけないかというと、髪にツヤが感じられなくなってしまって魅力的ではなくなってしまうからなのです。

 

また、一旦、枝毛の状態になってしまった髪の毛は二度と元には戻りません。枝毛が発生する前にケアをすることが大事なのです。
ダメージケアのシャンプーには様々なタイプのものが市販されています。

 

頭皮環境を調えるものも大切ですが、髪の毛そのもののダメージ原因から考えるとキューティクルケアを考えたシャンプーを使用すると良いでしょう。
毎日のダメージケアを心がけることによって、キューティクルの保護がされ、キラキラとして艶のある髪の毛を取り戻すことができます。

 

自分の髪の毛のダメージの種類によっても、使ったほうがいいシャンプーのタイプが違ってきます。
スタイリングがまとまらないと思った時に、なぜまとまらなくなったのかを考えて適切なシャンプーを選びたいものですね。